お礼状 その1

お礼状は、文章を上手に書こうなどとするとなかなか厄介で、つい延び延びになりがちなものです。

その予防策として、こんなことをしてみたらどうでしょう。

(1)お礼状の文例を専門書から選び出しておき、応用できるように準備しておく。

(2)お礼状用の美しい便箋と封筒を買いおきして、いつでも書けるようにしておく。

はがきも官製はがきでなく、私製の美しいもの(例えば罫線入り)を、いつも手元に用意しておきます。

そうすると、あとでという気持ちがなくなって、すぐ書くものです。

(3)改まった気持ちを大切にするため、姿勢を正して机に向かう。

前野岳洋・住宅設計スタイリスト

このブログ記事について

このページは、-が2016年8月 9日 15:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電話の相手を待たせていいのは30秒まで・・・前野岳洋」です。

次のブログ記事は「お礼状 その2(前野岳洋)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。