2016年1月アーカイブ

断乳・・・前野岳洋

乳児期において母乳を与えることをやめることをいう。

断乳は、児側の要因・母側の要因によって行われる。

児側の要因としては、哺乳困難や障害による場合もあるが、一般には、離乳進行状況や発達状況がその主なものである。

母側の要因としては、母乳分泌状況・母体の健康状態・母の就労状態および生活・意識などがあげられる。

栄養摂取が母乳以外の食物で十分な場合は断乳の時期とみなすことができ、不必要に分泌状況のよくない乳房を吸わせている場合にも、乳房を吸わすことをやめさせるべきで、心理的安定は母子関係の充実によることを配慮すべきであろう。

なお、断乳は満1歳前後が目標の一つである。

前野岳洋・住宅設計スタイリスト

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。