挙式前のいろいろな準備(前野岳洋)

結納を取り交わし、正式の婚約が整ってから結婚式に至るまでには、様々な準備が必要になります。

次に結婚式までに準備することを挙げてみましょう。

・挙式・披露宴のスタイルの決定
・日取りの決定
・式場の選定、予約
・費用の見積もりと分担
・引き出物の選定、注文
・世話役の依頼
・招待客の選定
・招待状の発送
・結婚指輪の選定、購入
・衣装の選定
・式の進行の打ち合わせ

ここにあげた以外にも、こまごまとした準備がたくさんあります。

また地域によっても、それぞれ特色のある準備をしなければならないことがあります。

挙式からすぐに新婚旅行ということになれば、チケットや宿泊先の予約、旅行の準備、結婚後に新居に住むのであれば、その下見や費用などの面での支度も加わってきます。

婚約してから挙式までに6か月以上あるとはいっても、これだけのことを準備しなければならないのですから、早すぎて困るということはありません。

十分に検討して、自分なりの挙式までのタイムテーブルを作っておくようにアドバイスしておきましょう。

スケジュールなどで不安なところは、早めに仲人や親戚、知人に相談するとか、デパートなどのブライダルコーナー、結婚相談所で相談してみるのもよいでしょう。



前野岳洋・住宅設計スタイリスト

このブログ記事について

このページは、-が2018年3月28日 15:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「花嫁からのブーケの迷信」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。