本人が結納を持参する場合・家族書と親族書の書き方 (前野岳洋)

■本人が結納を持参する場合
最近は、男性側の本人がひとりで、あるいは両親付き添いで、女性宅に結納を持参し、女性側では、その場で祝宴をひらいて、手あつくもてなし、帰りに土産の形で結納返しの品を渡したり、結納返しはなしにするという方式をとる人たちもふえてきました。

とくに、仲人なしで結ばれた恋愛結婚の場合、このような型にとらわれない方式をとるのが合理的だといえます。


■家族書・親族書はどう書くか
結納をとり交わすときは、結納品や結納金といっしょに、〈家族書〉〈親族書〉を添えるのが従来からのしきたりですが、それらといっしょに、本人の〈健康診断書〉をも添えるのが、新時代のエチケットとされています。

〈家族書〉と〈親族書〉は、やがて親戚となるはずの双方の家族関係・親族関係を理解するうえにぜひとも必要なものですし、〈健康診断書〉は、やがて人生の伴侶となる人へ、自分の健康体であること、とりわけ、結婚に支障のないからだであることの明かしをたてるものとして、欠かせぬものだからです。

前野岳洋・住宅設計スタイリスト

このブログ記事について

このページは、-が2017年11月30日 10:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結納にまつわること」です。

次のブログ記事は「結納とはなにか その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。