結納にまつわること

■結納の取交わしはどう行なうか
さて、以上のようにして整えた結納の取り交わしは、どのようにして行なうか。

最近は、非常に簡略化されて来ましたが、ここでは、まず、従来のしきたりによる、取り交わし方からしるしてゆくことにしましょう。

■当日の服装
当日は、仲人をはじめ、両家の本人とそれに付添う両親、または親代りの人は、すべて、礼装するのが正式ですが、両家と仲人との話しあいで、男子はダーク・スーツ(黒っぽい背広)、女子は訪問着などの略式礼装にしてもかまいません。

■仲人宅での結納交換はどう行なうか
従来のしきたりによる結納取り交わしの作法をしるしましたが、最近は、繁雑さを避けて、仲人宅や料亭などに、双方の本人、両親(または、親代わりの人。以下同)それに、仲人夫婦が集まって交換する方法をとる人がふえてきました。

前野岳洋・住宅設計スタイリスト

このブログ記事について

このページは、-が2017年10月30日 10:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「財産分与とは まとめ(前野岳洋)」です。

次のブログ記事は「本人が結納を持参する場合・家族書と親族書の書き方 (前野岳洋)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。