旅行中のマナー

ハネムーン出発は披露宴が終わってから
披露宴の途中で、そそくさと新婚旅行に出発するカップルがいますが、招待客に対して失礼もはなはだしく、ハネムーンのまず第一のマナー違反です。

おひらきになって、会場を出る招待客を見送ってから出発するのが礼儀です。

駅や空港まで見送りにきてくれる親しい友人たちには、そのときに挨拶しますが、両親、媒酌人、親族など、会場を出発するときに別れる人々には、感謝の気持ちをこめた挨拶を忘れないようにします。

特に新郎は新婦の両親に「どうぞご安心ください・・・・」といったひと言を忘れないことです。

両親や親族などは、会場のあとかたづけや費用の精算などの用がありますから会場に残り、媒酌人は、披露宴後は、若いふたりを早くリラックスさせてあげるためにも、気をきかせて見送りには行かないのが普通ですから、出発前にきちんとけじめをつけて挨拶しておくことが必要です。

また出発のときの挨拶は、ニヤニヤと照れずに、すっきりとさわやかにします。

前野岳洋・住宅設計スタイリスト

このブログ記事について

このページは、-が2017年5月 1日 11:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「会合など代理で出席を促されたとき(前野岳洋)」です。

次のブログ記事は「結婚式の記念撮影について(前野岳洋)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。