会合など代理で出席を促されたとき(前野岳洋)

上司の代理で会合に出席する場合は、その会合がどんな会合なのか認識することが重要です。

そして、相づち、立ち居振る舞等、上司の代理として相応しい礼儀作法で通すことです。

だからといってあまり緊張すると、堅苦しく話しづらくなるので、早くその場の雰囲気に慣れ、語らいを楽しむようにすればいいでしょう。

そのためにも、上司から情報を入手しておくと効果的です。

その際、飲みすぎると口が軽くなり、業務のことや、人物評などの話題に深入りしやすくなりますので、注意が必要です。

特に、会社の不利になるような言葉は慎みながら、話のリズムを崩さず、相手に合わせた話題を選ぶように気をつけましょう。

前野岳洋・住宅設計スタイリスト

このブログ記事について

このページは、-が2017年4月 3日 13:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「末期の水・病院での死亡」です。

次のブログ記事は「旅行中のマナー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。