死亡届(前野岳洋)

戸籍法によって、人が死亡した場合は届け出が義務づけられています。

医師が死亡の確認をして、死因に不審がなければ、その医師が死亡診断書を書いてくれます。

死亡診断書は死亡届といっしょになっており、これに遺族が必要事項を記入し、死亡地を管轄する役所に届け出ます。

死亡した場所が本籍地でない場合は二通必要です。

役所では一年中二十四時間受け付けてくれます。

死亡を届け出ると火葬(埋葬)許可証を発行してくれます。

この許可証がなければ、火葬できませんから死亡届はなるべく早く出す必要があります。

届け出人は同居の親族がのぞましいのですが、葬儀社でも代行してくれます。

前野岳洋・住宅設計スタイリスト

このブログ記事について

このページは、-が2017年2月 5日 14:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「危篤の連絡」です。

次のブログ記事は「末期の水・病院での死亡」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。